2014年11月8日土曜日

鬼の攪乱?


 風邪症状になってから、3週間が経った。途中、「治った」と勝手に判断したのがいけなかったのか。いまも咳が続いている。
 昨日は、普段ないことだが、のど飴を舐め水を飲みながら、3コマ連続の授業(教職実践演習)をしゃべりきった。からだはだるいが、頭がなんとか働いてくれていることだけが救いだ。

 教職実践演習。受講者は、「特別支援の免許を取らない人」に限定させていただいた。結果、ほとんどが、4年次後期にしてトダの講義をはじめて受ける学生。学年の3分1を占める70名弱が受講してくれた。関心の高さは率直に嬉しい。
 多くが、半年も経たないうちに学校現場に出る。SCや特別支援教育巡回相談員として、彼らと協働する日が来るかもしれない。そんな将来の仲間へのメッセージとして、この演習をまとめたかった。一人で抱え込まないでね、頼れる仲間が近くにいるよ、頭を悩ませるならみんなでね…。そんなトダからの言葉は、感想を読むと少しは届いたようで一安心。
 希望を持って教職に就く彼らに、「明るく、楽しい話」ばかりできない現実に、私たち大人の責任を痛感しながらの授業だった。

 この週末は、釧路鶴野支援学校第1回の学習発表会を参観後、札幌へ出かけて研究会。遠出はからだもこころもしんどいが、「実践者が語る子どもの話」を聞けるのはとても楽しい。
 そして、週の半ばには、釧路養護学校での公開研。授業後の分科会では、小学部で助言者。助言者というのは荷が重いけれど、実践をみんなでワイワイ語り合う、その仲間に入れてもらえることが嬉しい。

 仕事のピークは続き、家族からは「あんたの仕事はいつもピークじゃん」と突っ込まれる。たしかに、一山登ると、その先もまたまた高い山が続いていた?…という日々。それでも、人とふれあえる、実践にふれる時間があるから、まだなんとかやっていけそうです。

 (と…仕事におわれる深夜、自身に言い聞かせるために書いたブログでした)