2015年1月29日木曜日

ネットワークに感謝!!


 私は、大学教員の他にSC(スクールカウンセラー)という肩書を持っている。基本的には、毎週1回決められた学校を訪問するとともに、臨時・不定期で要請のあった学校に訪問することもある。
 私の場合、学生時代は社会福祉学部で学んでいたので、「ある程度の」ソーシャルワーク的な支援もしている。いやそれを求められるケースがあるといった方が良いかもしれない。
 SCの領域を超えている…といった(指摘の)声が聞こえてこないわけではないが、限られた専門職で数々の「子どもの生活現実」に向き合っているこの地域では、いたしかたないと割り切っている。

 いま私の頭の中には、幾人もの心配な子ども、そしてそのケースが渦巻いている。
 昨日、いろいろな機関に足を運んで支援について協議し、また電話やメールで関係者に相談をした。皆さんには、それぞれ忙しいながらもたいへん素早い反応をしていただいた…。

 
 そんな関係者の反応に私が励まされた。この信頼関係とネットワークにあらためて感謝した1日だった。それぞれが「子どものために」の一点でつながる。大変だけど、しんどいことが多いけれど、ありがたい仕事に携わっているなぁと感じた。

 今日2講目 障害児支援法Ⅰ
 明日1講目 特別支援教育特別演習

 今年度最後の授業となる。
 将来、これらの授業を受けている学生たちが、どれだけ「子どものために」のネットワークに参加してきてくれるか、期待している。
 期待しているからこそ、冷静に、優しく授業を終えたいと思う。

 2015.1.29 朝