2015年10月3日土曜日

10/31(土) 「子どもの障害・貧困・虐待を考える講演・シンポジウム」のお知らせ

 
このたび、北海道教育大学釧路校特別支援教育研究室、北海道特別支援教育学会及び北海道子どもの虐待防止協会釧根支部の3者の主催により、「子どもの障害・貧困・虐待を考える講演会・シンポジウム」を開催いたします。
本講演・シンポジウムは、障害・貧困・虐待をはじめ、さまざまな「不利・困難」をかかえる子どもたちの最善の利益を図るために、保育・教育・福祉・医療等の専門職にご参加をいたただき、「いま、地域の子どもと家族のためにできること」を考えます。
 
1.日時    20151031()  13:0016:00 (受付 12:30)
2.会場    北海道教育大学釧路校 403講義室
         釧路市城山1丁目1555号  

3.内容
    講演「いま、子どもたちは―困難を抱える子どもたちに伴走する研究・教育を目指して」       木戸口正宏(北海道教育大学釧路校講師)

    シンポジウム「子どもの生活現実を見つめる―障害・貧困・虐待の交錯に視点をあてて」
       話題提供 太田千佳子 氏(北海道釧路鶴野支援学校 教頭)
              小林 久美 氏(釧路市教育委員会 スクールソーシャルワーカー)
              佐藤千代子 氏(釧路市こども健部健康推進課保健相談主幹 保健師)

       コーディネーター 小渕隆司(北海道教育大学釧路校准教保授、スクールカウンセラー)

4.参加費  無料(事前の参加申し込みは必要ありません)

 
 内容及び詳細については、pdfファイルをご覧ください。
  多くの皆様のご参加をお待ちしております。

  案内チラシは  こちら