2015年12月30日水曜日

店じまい


 今日午前で一端店じまいである。新年の開店は4日(月)から。
 いつもそうなのだが、からだを休めていても、あたまは休まらない。常に何かを考えている。この年末年始は、いつも以上にそうなる気がしている。

 新カリキュラム移行の膨大な作業に始まった1年だった。いろいろな雑音に心が折れそうになることもあったが、チームの一員としてなんとかソフトランディングさせ、休む間なく単著の執筆作業へ突入。自他ともに認める「遅筆」の私が、短期決戦で一応形にした。

 その後のことは書き記さないが、とにかくいろいろなことがありすぎた。学内の役職を任期途中でおりて、時間の余裕ができるはずだったのに。ただただ、突っ走ってきたような気がする。

 それでも、学会シンポで「映画」を語る機会をいただいたからか、いつも以上に積極的に文化にふれた年でもあった。出張先で見た、「あん」「野火」「日本と原発」。そして池袋演芸場を何度か訪ね、大好きな三遊亭歌之介のトリも見ることができた。また、絵本作家が集まる会にも行き、作者自らの「読み聞かせ」を聞く贅沢な体験もした。

 今年は、講演・研修の依頼が増え、結果として学生に迷惑をかけてしまったのではないか…と反省するところもある。また、カウンセラーとしての業務も増えた。
 カウンセリングの重要さを再認識するとともに、自分のカウンセラーとしての非力を痛感する年でもあった。……このことは、まだ言葉にできない。

 来年は…、どうなることやら。
 ただ、来年も子どもの傍にいるおとなでありたと思う。
 


 ※年賀状をやめて何年か経ちました。皆様、失礼をお許しください。