2016年8月26日金曜日

【対談・概要】8月28日(日)全障研北海道支部夏期学習会


全障研北海道支部夏期学習会
  分科会 「障害のある子どもたちの教育」をどうする?

2016年8月28日(日) 13:00~15:00
札幌学院大学 於

テーマ 「試論、発達保障とインクルーシブ教育」

対談者
  佐藤 満(札幌学院大学)・戸田竜也(北海道教育大学釧路校)

 「発達保障」の思想と実践は、障害の重たい子どもを含め、すべての子ども・人間を対象としたものである。今日、障害者権利条約批准後の日本において進められるべきインクルーシブ教育と、その最終目標であるソーシャル・インクルージョンは、「発達保障」とどのようにリンクするのか!?
 障害児教育の実践を重ね、卒業後の福祉現場でも勤務経験がある佐藤満氏は、【障害の重たい人の実践】を念頭に発言する。一方、多様な学校種の巡回相談を重ねる傍ら、社会福祉法人の理事として地域の障害児者の生活にも携わる戸田竜也氏は、【地方・地域における実践】を中心に発言する。
 今後、全障研北海道支部において、インクルーシブ教育及びソーシャル・インクルージョンを議論するための【導入】と位置づけたい。

  ※参加された皆さんと討議の時間を設けます。