2016年10月28日金曜日

2016.11.5 シンポジウム/特別支援教育10年目 ~学び・生活を支える「つながり」とは~


シンポジウム 特別支援教育10年目 ~学び・生活を支える「つながり」とは~
2016.11.5(土) 9:45~12:15 
札幌学院大学 D-302(D館3階)
参加費無料、申し込みの必要なし。

 2007年、法律の上で「特別支援教育」がスタートして、今年で10年目をむかえます。それまで障害児教育の対象となっていなかった通常の学級に在籍する「発達障害」等の子どもたちも特別支援教育の対象となりました。  
 この10年で「発達障害」の理解はずいぶんとすすみました。しかしながら、学校では「貧困」「虐待」「不登校」という課題が顕在化し、それへの対応に追われています。そのような中、文科省は「チーム学校」というキーワードを用い、心理の専門家や行政、福祉等で連携して問題解決を図ることを提案しています。私たちが積み上げてきた障害児教育では、今まであたりまえに思い、大切にしてきた視点です。「チーム学校」という考え方に対して様々な批判検討があることを踏まえつつ、このテーマ討論では、様々な立場の人が連携して、物事の解決にあたるために必要なことは何なのか。そもそも「連携」とは何なのか。
 生きづらさを抱える子どもたちを様々な形で支援している方々の実践をもとにして、「学び」「生活」を支えるための「つながり」を考えます。

コーディネーター:戸田竜也(北海道教育大学釧路校)

パネラー:杉野 建史(札幌自由が丘学園)
       田村 千波(江別市教育・道教委スクールソーシャルワーカー)
      卜部 洋子(札幌学院大学学生相談室・公立学校スクールカウンセラー)